黄金の稲穂

429本当にあった怖い名無しsage2005/10/03(月)00:52:35ID:6lZwNlVN0
 
消防のころ、不思議な体験をした。

東京の墨田区に叔母さんが住んでいて、よく泊まりにいっていた。
で、そのころマイブームだったのが自転車での朝の散歩。

叔母の住んでいたところは昔ながらも下町という雰囲気で、小さな家がびっしりと立ち並び、車すら通れない細い路地が入り組んでいた。

田舎育ちだった私にはまるでそれが迷路のようでおもしろく、泊まった翌日は早起きして自転車を借りてその路地を走りまくっていた。


429本当にあった怖い名無しsage2005/10/03(月)00:52:35ID:6lZwNlVN0
 
時には本当に迷うこともあったが、叔母の住んでいた区画は三方は大通り、残りは土手だったので迷ったらまっすぐ突き進んでいればいつかはどこかに出ることができた。

夏のある日、自分はいつものように朝の散歩に出かけた。
いろいろと走っているうちに区画のちょうど真ん中を横切っている電車の高架の真下にでた。

このまま高架に沿って走っていけば、ちょうど土手の方向にでるはずである。
土手まで走ってみようと、高架に沿って自転車で走り出した。

高架の両脇に道があり、高架を潜って右を走ったり左を走ったりしていると、いきなり犬に吼えられた。
姿は見えないもののあまりにも物凄い勢いだったので恐くなって逃げるように高架を潜り左側の道にでた時だった。
その瞬間、犬の吼え声が消こえなくなった。

鳴きやんだというよりも、いきなり途切れた感じ。
そして違和感。何かが違う、そう感じて自転車を止めた。




430本当にあった怖い名無しsage2005/10/03(月)00:53:19ID:6lZwNlVN0

 
道沿いに小さな家が隙間なく並んだ光景は見慣れたものだ。

けれど、明るさが違った。
今までは朝特有の白っぽい太陽の光りだったのに、今家や目の前の道路を照らしていたのは黄色っぽい夕方のような光りだったのだ。

不審に思いながらも何気なく高架を見上げた私は、びっくりした。
まっすぐに伸びていく高架の先に山が見えたからだ。

まるで秋の稲穂のように金色に輝く山。
この先にあるのは土手のはずで、山なんてあるわけがない。

土手と山を見間違えたかとも思ったのだが、山はかなり大きくキレイな三角形をしていた。

「やばい」なぜかそのとき、そう感じた。
このまま進んではいけない。もし進んだら……帰ってこれなくなる、と。
私は自転車の向きを変えると、全速力でこいだ。

来るときは右に曲がったところを左に、左に曲がったところは右へとわざわざ急ぎながらも来るときとは正反対になるようにして。

何回か曲がったとき、空気が変わったことに気がついた。
自転車を止め、おそるおそる振り返ってみるともうそこに山はなかった。
光りも朝の白っぽい光りに戻っていた。


431本当にあった怖い名無しsage2005/10/03(月)00:54:52ID:6lZwNlVN0
 
それから何度か叔母のうちに泊まったが、朝の散歩にはでかけられなかった。

ようやく確かめにでることができたのは、二年くらい過ぎてからだ。
高架にそって自転車でまっすぐに進んでいったが、いつまでたっても山は見えなかった。

それでも進んでいくと最後には土手にいきついてしまった。
何度か試したが、二度とあの山をみることはできなかった。

いったいあれはなんだったのかと、今でもふと思うことがある。
もしかしたら異次元に入り込んだのかもしれない、そう思っている。


大したことでもないのに長文スマソ。